西島悠也|福岡ジャズ愛好会

会長 西島悠也のジャズ愛好会活動日記

 

西島悠也

 

 

 

みなさん、「ジャズ」と聞くとやはり少し難しいというようなイメージをもちませんか?

 

 

確かに、ジャズというのは区別が難しく、なにがジャズなのか、どこからどこまでがジャズなのか、とても難しい所ですよね。

 

とくに、クラシックとジャズの区別が皆さんにとっては難しいのではないのでしょうか?

 

 

ジャズとは、19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカ南部の都市を中心に派生した音楽形式です。
西洋楽器を用いた高度な西洋音楽の技術と理論、およびアフリカ系アメリカ人の独特のリズム感覚と音楽形式とが融合して生まれたものなのです。

 

 

つまり、もともとあったクラシックに、アフリカ系アメリカ人の独特のリズム感覚と音楽形式とが融合してできたのがジャスなんです。

 

もっと言うと、ジャズはスイングします。

 

身体が揺れたり、踊ったり、とにかくかってに体がスイングしてしまう音楽がジャズなのです。

 

 

ここまでで何となくジャズに興味を持った方は、是非とも我々と一緒にジャズを楽しんでみませんか?